投稿

小学生クラス 予習シリーズのメリット(足利校)

イメージ
 赤門セミナー 小学生クラスでは、主に四谷大塚の「予習シリーズ」を使って学びます。   中学受験用のテキストとしても有名な「予習シリーズ」の素晴らしい点は、考えさせる問題でどんどん先取りできることです。  難関中学が受験を突破して来て欲しい生徒さんは ・算数(数学)が好きな子 ・考えることが好きな子 ・入学後、速くてレベルの高い授業を楽しめる子 が主にあげられると思います。 私立の学校は人間性の涵養と同時に、大学合格実績を出すことが経営上、生存上重要なので、名門校ほど、結果的に大学受験を視野に入れた内容の試験となっています。  「大学受験を視野に入れた」は良い意味です。   丸暗記では、到底対応できないよう、本格的な探求心を求めています。   「予習シリーズ」は、難関中学に対応して、先取りの内容が多々含まれますが 「教科書を単純に2年、3年先取りしました」という「先取り」とは大分異なります。  数列の問題や整数の問題、相似の問題など高校数学の基礎、中3内容の図形問題など、早い持期から考えると、理解が深まり熟成する内容を、学習指導要領と比べたらランダム、しかし教育的配慮に溢れた順番で扱っています。  5年後期の特殊算は、考え方として興味を持つ子もいるでしょうが、その後、考え方としても使わなくなるので、 赤門セミナーでは5年後期(途中入塾の方は6年後期)から数学の勉強を開始します。 図形問題などは四谷でしっかり学んでいると復習内容が多いのでスイスイ進みます。 数学が好きな生徒さんですと、小学校卒業時に中学数学は終了、 中1で復習と高校入試の過去問で演習をして、高校数学(数学1A)に入ります。 ぜひ楽しく算数、数学で遊びましょう。

数式の書き方:数学 森重文 フィールズ賞

イメージ
フィールズ賞受賞の森重文氏が書かれた数式の写真がありました。 数字、文字、行の間隔、見やすいですね。 (取材者のノートに書いてくれたのであって、森先生本人のノートではありません) < https://yurui.jp/世界的な数学者も生み出した60年以上の学歴競争の/ 神田紀之(神田智之)
イメージ
『数学速習クラス2』  国立医学部、東大、京大等の難関大に現役合格するためには、首都圏、関西圏などの中高一貫校と同様のカリキュラムで学ぶことは極めて重要です。  名門中高一貫校は、中3で、高校数学の数学1Aを学び終えるのが普通です。(灘中などは中3で数学2B)  赤門の数学速習クラス2は、秋に中学内容を終了し、その後、復習と「高校入試問題演習」を経て数学1Aを開始します。 国立医学部、東大、京大等の難関大を目指す方!一緒に楽しく数学を学びましょう! (対象:中学3年生〜1年生)
2022年の共通テストの数学は「悪問」 安田先生素晴らしい! 「なんであんなバカな太郎と花子に付き合わなきゃいけないんだ!」 安田先生吠える! 全く賛成でスッとしました!

四谷大塚 新学年は2月開講しました!ぜひ一緒に、楽しい知の旅へ!

イメージ
知はあなたを自由にする
イメージ
  獨協医科大学医学部医学科  3名全員合格です! 後藤帆花さん(栃木女子) 城田慧子さん(前橋女子) 津久井理子さん(佐野) おめでとうございます! 写真 獨協医科大学webサイトより転載 https://www.dokkyomed.ac.jp/dmu/