投稿

共通テストの数学がひどすぎる

イメージ
共通テストが近づいてきました。 以前も書きましたが、去年の共通テストの問題はヒドすぎます。 数学のテストなのに、あんなに長くて話のオチもない、つまらない文章は、一般社会では、まず最後まで読んでもらえません。 出題者がバカすぎます。何様のつもりでしょうか? 昔だったら、あんなつまらない問題を提案した時点で、上司にぶっ飛ばされます。 他科目とのバランスも悪すぎます。 「国衙は苦手だけど、数学は自信がある」という一部の生徒さんに、あまりにも酷です。 受験生に問題集を売りつけたいという受験業界で最大のS社やO社、そこに天下りしたい文科省の官僚が、こんなくだらないことをしているのでは?と勘ぐりたくなります。 大学が2次試験で「希望すれば、共通テストの数学の点数をカウントしない」と表明して欲しいくらいです。

数学1A・2Bクラス 足利校 (木) PM 7:00~ 10:00 / 担当講師:鈴木隆之

イメージ
現在の状況です。 無学年制で、高2〜中3生が楽しんでいます! 次回はベクトルの復習をして指数 対数関数に入る予定です。 今なら無料体験実施中です。ぜひ!

お茶とチョコを楽しみながら、赤門の数学クラスは自由だ!

イメージ
赤門の高校数学クラスは2コマ3時間が基本で、まあ時間が長いので、脳への栄養補給、水分補給、精神的リラックスのために、チョコとコーヒー、お茶を楽しみながら授業が進みます! 数学者はコーヒーを飲みながら議論するので、同じように数学を楽しみたいと思っています。 数学で進歩するためなら、なんでもありです。脳がよく動くならエチルアルコールを飲むことも止めませんし(自己責任で)、時間がなくて夕食を摂っていない生徒さんは、ラーメン食べながら一心不乱に(多少ラーメンを気にしながら?)問題を解いています(笑) ただし授業中ラーメンを食べる場合、他の生徒さんの気が散るといけませんので、クラスメイトと神様に、感謝のお祈りを捧げることを義務としています。 「みなさま、神様、感謝いたします。ラーメン」

太田校 算数スタンダード

イメージ
全国小学生統一テスト 算数 群馬県1位 の生徒さんがいました! ガンバりました! この調子で、楽しくいきましょう! 今日は最初に「部分分数分解」で遊びました。 あるタイプの数列を処理するのに有用な変形ですね。 部分分数分解をすると、個人的には 消えろ、消えろ、束の間の灯 Out, out, brief candle! というマクベスのセリフを思い出します。 人生は短い。毎日精一杯、楽しんでください!

白鷗中 A特待 2名 B特待 2名 C特待 2名 7名合格! 佐日中1名(受験者1名)、国栃中1名(受験者1名) 合格!

イメージ
白鷗中の合格発表がありました。今年から特待制度開始です。   A特待 2名 B特待 2名 C特待 2名でした! 皆さんよく頑張りました!

小学生統一テスト 算数 群馬県1位

小学生統一テストの結果が帰ってきました。 太田校のYさん算数が群馬県1位でした! パチパチ!素晴らしいですね! この調子で、楽しく算数、数学を遊んでみましょう♪

「中学数学速習クラス」(太田校) 新中1・小6生 対象/ 2023 2/7 (火) 開講 です

イメージ
太田校  担当講師 鈴木隆之 (太田校校長:東京大学大学院修了)  中学内容の数学講座が始まります。 中学受験を終えた方、 四谷大塚の予習シリーズ5年テキストをほぼ修了した 新6年生、小学内容を修了した新6年生、算数、数学が好きな方、一緒に楽しく数学を学びましょう!  6年間(小6生の場合7年間)、大学受験まで最適化したスケジュール(名門中高一貫校に準じたカリキュラム) で学びますが、 なにより最も大切なことは「楽しむ」ことだと思います。  この講座の目的は「中学数学」を約2年で中学数学を修了し、「高校数学」の先取り学習に つなげることです。 (一般的な中高一貫校のペースです) <なぜ先取りか?> 高校数学は、中学数学に比べて非常に内容が多いです。(数IAだけで中学数学3年分より多い) 高校入学後に高校数学を開始すると、大学受験に間に合わせるのが、とても大変ですから、 私立の名門中高一貫校では、遅くても中3から高校数学を開始するところがほとんどです。 そして高3の1年間は、演習を繰り返し、受験に挑みます。 赤門セミナーは「中高6年+小学」の長いスパンで数学カリキュラムの最適化、 効率化を追求し続け、 以前は個人教授、個別指導で行なっていた 先取カリキュラムを、 グループ授業でも実施することになりました。 中高一貫校と同等以上のカリキュラムで、才能の開花、現役合格を目指します。 ぜひ御参加ください。